ひらめき建設関連の資格についてまとめた ホームページを作りました。ひらめき

建設資格勉強会

http://www.1qsan.net/

まだまだ、体裁だけですが、
いろいろと応援して頂いた方々や仲間の手を借りながら、
建設関連資格受験者の「わからない」をみんなで解決しあえる 
楽しいWin&Winなウェブサイトに成長できればと考えています。わーい(嬉しい顔)



資格を軽蔑さえしていた訳

再就職 した会社は、小さい会社で

ビジネスのモデルとしては、少し疑問を感じずにはいられない

けれども

建築業界にとてもよくありがちな 

売上のほとんどが ひとつの元請会社に依存している下請会社でした。

ただ、

約束してもらった報酬は、前会社より高いのと

何より、資格取得を積極的に応援してくれている点が

今の自分に好都合と就職を決意しました。

が、

こちらの就職の意思を示すまで、社長以外の面談が無かったことや

社内全体のなんとなく何かを隠そうとしている雰囲気と 

何より営業担当として紹介された人の後姿、

その頭にくっきりの円形脱毛症……と 

これから先の不安を十分にかきたてるものがあったのも事実でした。







そういえば、

会社をやっていた時に 何度か面接もし、採用もしました。

ただ、その時には、自分ひとりではなく、

副社長か若しくは、採用部署の直属の上司を同行させたものです。

何せ一人の人間の人生を背負うことになるのですから…

そんな気持ちで 面接をしたりしていたのですが、

何度か、手痛い目にあったことがありました。




そのひとつに こんなことがありました。

新聞の人事欄に募集広告を載せていたのですが、

応募してきた人間の履歴書を見てびっくり、

その履歴書の資格の欄には、書ききれないほどの資格がずらり

こんなに資格を持っている人間であれば、

相当に優秀な人間であろうと、当時、忙しかったこともあり、

ちゃんと面接もせずに、その当時の会社規模から重要な現場の長として、採用しました。

はっきり言って 夢も見ました。

当時まだ、会社を立ち上げて間もない頃で、

今後 我社も有資格者の優秀な人材をどんどん採用して、受注レベルも向上できるかと…

しかし、

資格が、死角 となりました。

全然働かない、というより動かないどころか、

資格を所有している事柄での技術的なことなら まだしも

所属しているチーム・現場の批判を アチラこちらで吹いて回り、

個人批判を繰り返し、会社に報告するようになりました。

その上、何か特別な宗教の勧誘まで始めるようになっていたのです。

現場のチームの士気が極端に下がっていくのが目に見えて分かりました。

俺も協調性について人にどうのこうのといえる身分では無いけれども

彼は、いただけませんでした。

膝突き合わせて、話をすると いそいそと退社していかれました。

それからなのかな 資格を表看板にしているような人間を信用できないばかりか

資格取得

暇のあるやつが持つものと軽蔑さえしていたのは…


| 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。